2008年03月06日

PHP入門-ループ

ループはfor文、foreach文、while 文でおこないます。
ここでは for 文のループを見てみましょう。

<?php

for ($i=0;$i<10;$i++) {
  echo $i."\n";
}
?>

このプログラムを実行すると、

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

が表示されます。

ループでは、沢山の回数の処理を1回書いただけで実行できるのが特徴です。
配列のデータを一括して2倍するというようなプログラムも書いてみましょう。

<?php

$a = array(
3,5,6
);

$len = count($a);

for ($i=0;$i<$len;$i++) {
  echo $len*2;
  echo "\n";
}

?>

これで、
6
10
12
という出力になります。
配列のデータを回していく場合にも便利なのでループもプログラミングの必須知識です。

foreach 文なら、配列のループがもっと楽になります。

<?php

$a = array(
3,5,6
);

foreach ($a as $data) {
  echo $data * 2;
  echo "\n";
}

?>

これで、
6
10
12
という出力になります。
for よりもお手軽に使うことが出来ます。



-->
23:03 | PHP入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。