2008年03月02日

PHP入門-条件分岐

条件によって、プログラムの動きを変えたい場合に条件分岐を使います。
条件分岐は以下のようにif文で行います。

<?php

$a = 10;

if ($a > 5) {
  echo "a は 5 より大きい";
} elseif ($a > 10) {
  echo "a は 10 より大きい";
} else {
  echo "a はどちらでもない";
}

?>

変数a の大きさによって表示を変えているサンプルになります。
例えば、ゲームとかでHPが0になった時に死ぬというような場合に使っています。

これはプログラミングの基本中の基本なので覚えておいた方がよいです。

switch 文での条件分岐も以下のようにすることが出来ます。

<?php

$a = 10;

switch ($a) {
  case 10:
    echo "aは10です";
    break;
  case 5:
    echo "aは5です";
    break;
  default:
    echo "10でも5でもない";
}
?>

変数a のデータによってデータを出し分けます。
default は、case のいずれかの条件にも当てはまらない場合に使います。

if と switch で条件分岐。覚えましょう。




-->
23:02 | PHP入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。